ただメモをとる人たち

アクセスカウンタ

zoom RSS 続・豚インフルエンザについて思うこと

<<   作成日時 : 2009/04/28 22:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 WHOによると、豚インフルエンザについて段階をフェーズ4に移行したとのことで、俄然緊張感が高まってきた世界情勢であるのだが、そんなことはお構いなしに日本のGWは何事もなく進行中である。GW明けがどうなるのか大変興味深いところではある、

 興味深いと言えば、日本の消費者のことを第一に考えておられるところの消費者行政担当相である野田聖子議員の発言である。彼女は「豚肉に関してはまったく安全で心外だ。風評被害を起こしては困るし、消費者に間違ったシグナルを送ってもらっては困る」と述べた。これは一部の外食チェーンなどで、メキシコ産の豚肉を使った料理の販売自粛を行った事に対する発言である。なるほど、さすがは消費者行政担当相、言うことが違う。かつての「こんにゃくゼリー」の時には、ヒステリックなまでに規制をかけたのがまるで嘘のような今回のこの対応。かつての自分を猛省し、今回に生かしたと見るべきなのだろうか。そうなんですよね、野田議員?

 さて、実際の所、今、豚をどうこうしたところでどうにかなるのだろうか?今回の豚インフルエンザの一番の問題は人−人感染にあるのではなかったのか?今、一番やらなければならないのは、徹底的な感染者隔離と早期の治療だと思うのだが、そうなると現在もっとも感染者数の多い国であるメキシコの国境を封鎖するのが一番手っ取り早いということになるのだが、現実問題としてそれは無理だろう。様々な問題から米国もそれはしたくはあるまい。だがフェーズ4からさらに5にあがった場合はどうなのだろうか。そんなことも言ってられなくなるのだろうか?6、つまりパンデミックになってしまった場合、これはもう取り返しが付かない事態なので、形振り構ってなどいられないだろう。

 どうにも政府の対応を見ると、後手後手に回りそうな気がして非常に恐いのだ。利益団体の権益を守るのも結構なことなのかもしれないが、取り返しの付かない事態を迎えるやもしれないというときに、なんというか、真剣さは伝わっては来るのだが、熱意を向ける方向が間違っているというか、どうにもそんなような気がしてならないのである。

 潜伏期間は10日程度と予想されているようなので、おそらく連休明けには結果が出ることになるだろう。もし5月10日ぐらいまでに爆発的に患者数が増えたら、今世紀最初のパンデミックということになるのだろうか。そうならないことを祈るばかりである。



3M社製 N95マスク 9210N95(1箱20枚入)
スリーエム ヘルスケア株式会社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
続・豚インフルエンザについて思うこと ただメモをとる人たち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる