ただメモをとる人たち

アクセスカウンタ

zoom RSS 鼻毛鯖にRADEON HD6870(玄人志向 RH6870-E1GHD/BF3)を載せてみた

<<   作成日時 : 2012/03/04 22:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

玄人志向 グラフィックボード AMD Radeon HD6870 1GB PCI-E BattleField3無料ダウンロードチケット同梱 数量限定モデル R
玄人志向 グラフィックボード AMD Radeon HD6850 1024MB PCI-E DisplayPort HDMI DualLinkDVI SingleLinkDVI 空冷FAN RH6850-E1GHD/DP

 というわけで、HD7xxxシリーズ発売の影響により、ここ最近急激に値下がりしてきたRADEON HD6800シリーズの上位機種HD6870をつい衝動的にポチってみた。最初はHD6850を買うつもりだったのだが気が付いたらHD6870を買ってしまっていた。補助電源が1本のHD6850と2本のHD6870では鼻毛鯖的には電源のマージンを考えたらここはHD6850だろうなーとは思ったのだが、まあ壊れたら壊れたでネタになるからいいか、などと能天気な結論に達してしまった。というかHD6850とHD6870間での価格差が微々たる物だったというのも大きな要因ではあったのだが。しかしHD6850も1万円を割り込んできているので、これはこれでとてもお買い得だと思う。消費者的には実に悩ましい選択なのであった


画像

 見たまま、箱。BF3がオマケでついててお得ですよーみたいな感じらしい。アンロックゲーでマゾな紳士方には大変なご好評を頂いているゲームらしいのだがあんま興味ないのでとりあえずスルー。多分遊んだとしてもシングルプレイしかしないと思う。FPSゲームってマルチでプレイするのがなんか怖い(FPSは下手なのでチームに迷惑かけそうだし)


画像

 これも見たままの内容物。画面右上のBF3のチラシの裏にダウンロードのシリアルキーが書かれている。付属品としてCROSS FIREケーブル・Mini DisplayPort - DisplayPort変換ケーブル・DVI-I - D-Sub15変換コネクタが付いていた。Mini DisplayPort - DisplayPort変換ケーブルが付いていたのはうれしい誤算だったのだが、DVI-I - D-Sub15はもう余りまくっているので要らなかったなーていうかどうせ付けてくれるのならDVIをHDMIに変換するコネクタにしてくれれば良かったのに。使い回しがきくし


画像


画像

 チラシ拡大。こんな感じのチラシが入ってました。あとは手続き後にダウンロードサイトからダウンロードしてねって事らしい


画像

 HD6870本体端子部拡大。DVI×2 HDMI×1 Mini DisplayPort×2という構成。Mini DisplayPortっていうところがちょっと厄介。付属で変換ケーブルが付いているとはいえ1つしか付いていないので2つ使いたい人は別途買うなりしないといけない。スペース的にMiniサイズにせざるをえなかったのだろうが、もうちょっとがんばれなかったのだろうか、っていうかむしろHDMIを2つ付けてくれたほうが気楽なホームPC的にはマッチすると思うんだけどなぁ、WQXGA(2560x1600)とか出力したい人なんてまだ少数だろうし


画像

 ECS NR9800GTE-512MX-Fと玄人志向 RH6870-E1GHD/BF3のサイズ比較。9800GTGEより数センチほどHD6870の方が長くなっている。まあこのクラスのビデオカードならこんなもんかって感じ


画像

 というわけで早速、鼻毛鯖に装着。メモリースロットを飛び越した辺りまでの長さになった


画像

 忘れてはいけないのがPCI Express用電源変換ケーブル。鼻毛鯖の電源にはVGAカードに用いる補助電源用の6pin電源コネクタが無いため、4pin電源コネクタ2本を6pinコネクタ1本に変換する必要がある。HD6870は6pin×2のため計4本の4pin電源コネクタを必要とするので変換ケーブルは2つ用意する必要がある。果たしてこんな無茶をして鼻毛鯖の電源はこの先生きのこることが出来るか?


画像

 補助電源にサクッと装着


画像

 ケーブルでケース内部がゴチャゴチャになってるけど気にしない方向で


画像

 ドキドキしながらPCの電源ボタンを押したらあっさり起動したので、機嫌を損ねないうちにさっさとドライバをインストールする。ちなみに私は過去ATI時代のCCC(Catalyst)カタリストには痛い目にあっているのでそれ以来カタリストアレルギーになっていて大嫌いなのだがインストールしないことには話が進まないのでインストールする。ていうか何年ぶりだろうRADEONを買ったのって。本当に久しぶりだ


画像

 Windowsエクスペリエンス インデックス。これは9800GTGEでの値


画像

 Windowsエクスペリエンス インデックス。こっちはHD6870での値。7.8とか凄い値が出てびっくり。たかだか1万円ちょっとのビデオカードでこの値にはびっくり。いやはや、やっぱりこの手のものは初物には手を出さずに型落ち品を狙うのが賢い選択なんだなーなどと小市民的な感慨に暫しふける


●おまけ(ゆめりあベンチマーク)
 ベンチマークといえば、やっぱりゆめりあベンチマークでしょう、ってことで。というか単にほかのベンチマークソフトがいちいちインストールしたりレジストリを弄ってくれたりするのがうっとうしいので、フォルダに放り込んで実行するだけで走ってくれるゆめりあベンチを好んで使ってるだけなんだけどね。そういえば結局アイマスベンチって出ないのね、ナムコ(っていうかバンナム)ならやると思ったんだけどな、もうそんなことにリソースを割いている余裕自体ないのかな、世知辛いね

画像


画像


画像


画像


 こんな感じ。Windows7 64bitのメモリ8GB環境で実行。1024x768 最高画質での値。数十回ほど走らせてみたところ大体122000辺りで安定する。たまに118000辺りに落ち込むことがあったけど、120000を割り込むことは滅多に無かった
 ただ、ベンチの値の話はドライバのバージョンによっても変わってくる話なので、あんまり気にしないほうがいいと思う。ていうかあっさり100000超えちゃったねー、たかだか1万円程度のVGAなのにねー。5年ほど前の感覚ではありえない現実が今、目の前に!みたいな

 あと、GPUの温度。室温18℃の環境下でアイドル32℃、ゆめりあベンチを走らせているときで63℃。うーん、アイドルはまあ良いとして、真夏にゲームをするとアッチッチになりそうな予感。エアコンで室温を28度以下にするのは必須っぽい。間違ってもエアコン無しで35℃を超えるような部屋でシバキ倒してはいけない、すくなくとも鼻毛鯖では。エアフローの良いケースならもっと温度も下がるのかもね、といっても鼻毛鯖も全体的には悪くないとは思うけど


 結論としては9800GTGEの置き換えとしては十分に満足のいくビデオカードでした。BF3のインストールはまた後日に。その時にあらためて動作具合などを報告します。あとMount&Bladeがさらに快適になっているかどうかも検証したいと思います。さきほどちょっと触った感じでは以前よりもさらに滑らかになったっぽい?印象を受けるのでホッとした。Mount&BladeはどうもCatalystと相性がよろしくないらしく古いバージョンでないと安定動作しないみたいな話を聞いていたので。CCCは現時点での最新版の12.1をインストールしたけど特に画面の乱れなどは見られなかったのでこれも今後じっくりプレイして検証していきたいと思います





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鼻毛鯖にRADEON HD6870(玄人志向 RH6870-E1GHD/BF3)を載せてみた ただメモをとる人たち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる