ただメモをとる人たち

アクセスカウンタ

zoom RSS Windows Vistaと無線LANと私  〜策謀編〜 勝ったッ!第3部完!

<<   作成日時 : 2009/11/29 17:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Windows Vistaと無線LANと私  〜黎明編〜 ああ、キミは何故に繋がってくれないのか
Windows Vistaと無線LANと私  〜野望編〜 中途半端に繋がるから始末に負えない
Windows Vistaと無線LANと私  〜雌伏編〜 まだだ、まだ終わらんよ!

 さて、先日ようやく注文しておいたWindows7無料アップグレードディスクが届いたわけだが、これがまあまた一波乱あったので記しておく

 クリーンインストールではなく環境を引き継がせるためにアップグレードさせたのだが(もし自分用のPCであれば、不具合を無くすために後顧の憂い無くクリーンインストールを選択するのだが)気が付いたらきれいさっぱりCドライブの環境データは消えていて結果としてクリーンインストールとなってしまった。あれ?

●今回やったこと
・添付されていたCDによる、VistaからWindows7へと以降する際に現在のドライバが対応しているかどうか&Windows7用ドライバを自動インストールするツールをまず起動させた
・googleツールバー と Catalyst Control Center が邪魔だから消しなさいとのお達しがPC様より告げられたのでそのままツールの指示通りプログラムを続行させた
・Catalyst Control Center はツールにより自動削除されたが googleツールバーがなぜか削除できずに失敗してしまった
・ツールはそこで終了してしまった

 ……おい、それで終わりかい!
 仕方が無いので、プログラムの追加と削除で消そうと思いコントロールパネルを開いてみるも、なぜか無い。なんじゃそらー!なめんなVista、どこでアンインストールするんじゃー!と叫びながら別の端末からグーグル先生にお伺いを立ててみる(皮肉にもgoogleツールバーを消すための方法をgoogleに確認することになった)

Vistaでは『プログラムの追加と削除』という名前ではなく『プログラムと機能』に変わったとの事が判明。コロコロと名称変更してんじゃねーと拳を握り締めて怒りを堪えながらもそのように実行する
・無事消えたので改めて先ほどのディスクを実行する
・無事ツールは最終フェーズまで終了、Windows7アップグレードディスクを要求してきたのでその指示通りにディスクを挿入
・クリーンインストールではなく環境を引き継ぐアップグレードを選択
・インストール開始
・インストール途中で、なぜか今頃になってkasperskyがWindows7に対応してないから消せとWindows7様がお怒りになるのでアップグレードを終了させてkasperskyをアンインストールする(このあたりで私の怒りゲージが50%を超えてくる)
・再度インストール開始
・30分ほどの時点で、ドライバーが対応していません。アップグレードに失敗しました。と出て選択肢が終了ボタンしか出なくなる

 ( ゚д゚)ポカーン

・終了させたら、問答無用といわんばかりにブート選択画面
 ロールバック
 Vista
 の2種類が出てきたのでロールバックを選択したら、背景がVistaやWindows7っぽい色合いだがアイコンなどはないデスクトップ画面のなか、DOSプロンプトのウィンドウが開いてきた
 うん、これもう無理。exitコマンドでこの閉鎖空間よりさっさと脱出する
・改めて先ほどのブート選択画面でVistaを選択する
なぜか起動ロゴがWindows7に(この時点で嫌な予感90% 怒りゲージ100%超)
まさかの大どんでん返し、Windows7がクリーンインストールされた状態で起動しちゃいました

 ( ゚д゚)ポカーン

 つくりましょう、つくりましょう、 さてさて何ができるかな。 はい、できました〜

 頭の中では金田朋子ボイスがエンドレスで流れてきちゃったよ
 え、なにこの仕打ち。再起動してももうブート選択画面が出ずにWindows7が立ち上がるだけだし、意味不明過ぎる。なんじゃこりゃー!

 結局クリーンインストールしたことになっちゃいました。まあ結果的にはそのほうがシステムは安定するとは思うんだけど、なんだかとても納得がいかない。データは全部Dドライブにあるのでその点は問題ないのだが、各種ソフトの設定関連はすべて消えたことになる。おいおい、これってまずいんじゃないの?それとも環境しだいなの?それにしても駄目すぎじゃね?やっぱOSのアップグレードなんてするもんじゃないよな?
 などと思いつつ、今まで入っていたソフトなどを再度インストールさせられる羽目に、さらに設定までさせられる羽目に、もう疲れたよパトラッシュ、僕はとても眠いんだ



 さて、長い前振りではあったのだが、肝心要の無線LANはどうなったかというと、これがまた面白いように繋がるのだ。いやホント今までのあの苦労は何だったのかと思うぐらい。結局Vistaがすべての諸悪の根源だったのだ。Vistaで無線LANに不具合のあった人はWindows7にすればおそらく大丈夫なんじゃないかと思われる
 不具合出まくりの Intel WiFiLink 5100 でこんな感じだから結局 Intel WiFiLink 5100 と Vista の整合性が取れてなかったのだろうか?Intel WiFiLink 5100 と Vista の組み合わせでは無線ルータとドライバの相性がシビアすぎたのだろうか?謎過ぎる、まさにイミフである

 まあなんにせよ、無線LANがまともに使えるようになって良かった良かったである。もっともXPならなんの問題も無かったんだけどな!


 あと、Windows7(とVista) お前ら揃いも揃ってインターフェースがわかりにく過ぎなんだよ、スタートメニューは百歩譲るとしてエクスプローラーのあの使い勝手の悪さはどうにかしろ、ユーザーにファイル管理をさせるつもりが無いのか?なんだあのゴミみたいな劣悪な操作性は、あんなの使い物になるかボケ!
 よく調べてないから分からないのだが、これクラシックモードっていうかインターフェースの2000/XPモードみたいなのは無いの?こうも大規模な改変をされると旧来から使ってきたユーザーは一気に切り捨てられてしまうことになってしまって新OSを利用することに二の足を踏んでしまうのだが……
 なんでもかんでも新しいものがいいなんて考えは、ことユーザーインターフェースに関してはありえないというのが私の持論なのでインターフェースのデザインをあっさりと変更するのはやめてもらいたい。これではメーカーからはまるで哲学なりを感じない。とにかくVista / Windows7には余計なお世話機能が多すぎるという印象もあって、まるで好感が持てない。XP SP4を今すぐ出してほしいぐらいだ

 そもそもOSなどというものは日陰に咲く花のような扱いで決してユーザーにとっての主役級の存在ではなく、われわれユーザーが求めているのはOS上で動くアプリケーションであって決してOSなどではない。肥大化して重く見栄えだけが派手なゴミみたいな使い勝手のOSなんていらないんだよ。Windowsが支持されている理由は決して性能がいいという理由からではなく、単なるこれまでのマーケティングの上手さ、宣伝の結果でしかないということを忘れてはいけない
 今後、益々PCはwebと連携するようになる時代が来るが果たして四半世紀後、いや10年後にMicrosoftのOSの世界シェア率はどのようになっているのか。今回Windows7をインストールしてみて非常に興味がある。願わくばその頃にはOSなどという存在をユーザーが意識なんてしなくてもよいという程度のものにはなっていてもらいたいものだ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Windows Vistaと無線LANと私  〜策謀編〜 勝ったッ!第3部完! ただメモをとる人たち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる