ただメモをとる人たち

アクセスカウンタ

zoom RSS PV4に光出力端子(S/PDIF)の無いデジタルチューナーを接続する方法を今更ながらに思いついた

<<   作成日時 : 2009/11/19 10:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 結構前の話なのだがデジタル3波チューナーが手に入ったのだが、残念ながらこの機種にはD端子が付いてはいたものの音声出力が赤白のアナログ端子のみで光出力端子(S/PDIF)はついてはいなかった。ロハで手に入ったものだったので文句はもちろん無いのだが残念に思いつつも私はアナログTVに繋いで観ていた。うん、ゴーストの無い映像は昔のトリニトロンのブラウン管テレビで観ても十分綺麗だ。ただ、我が家はテレビ塔からは割と近い距離にあるのだが困ったことに近所は住宅密集地であり、またテレビ塔と家との直線状にビルやらマンションやらが建っているお陰のせいかすこぶる利得が悪いのでいくつかの局は全く映らない or ブロックノイズだらけなのが残念だ。ブースターを買ってもいいが、そもそもの電波状態が悪いのであまり期待は出来なさそうな感じなので悩みどころでもある。そのような下手な小細工をするぐらいなら屋根の上に20素子のアンテナを業者に頼んで取り付けてもらったほうが結局は安上がりに仕上がるのかもしれない(今はベランダにマスプロのLS5-SETという小型アンテナを設置している。単純に設置が楽そうだったから、安かったから、あと室内アンテナに比べればいくらか利得が稼げそうだったからという理由から選びました)

 それはさておいて、PV4を手に入れて結構経つがBSデジタルのみのチューナーを繋いでいたので地上デジタル放送はほとんど観てはいなかった。テレビ自体アナログしか持ってはいないので外部チューナーをTVに繋いでも仕方が無いというのもあったし、地デジに関してはアナログと内容は基本的に同じものなので特に必要性を感じなかったのだ。なので安かったBSデジタル専用チューナーを当時12000円ほどで購入した(未開封の新古品という扱いの商品だった)
 D端子とS/PDIFが搭載されていたのでなんの問題も無くPV4に接続してそのまま利用することが出来たのでコレに関しては特筆することは何も無い

 で、今回はなんとかしてこれ以上お金をかけずに手元にある機材のみで、この光出力端子の無い地上/BS/CSデジタルチューナーをPV4に繋ぐことは出来ないものだろうかという話なのである。デフレ経済化において不要不急なお金は使わないにこしたことはないのである

【考察編】
・赤白→光コンバーターを利用する
 普通の家庭にあるわけがないので却下。そもそも1万円以上はするだろうから、それなら光出力つきのチューナーに買い換えたほうがマシというか、その予算でいっそのことPT2を買ったほうがいいだろう

・サウンドカードにアナログ音声信号を入力後、ループバックさせた光ケーブルをPV4に繋ぐ
 エレガントな回答のように思われたが私の持っているサウンドカードはループバックに対応していなかったので断念。これは高級なサウンドカードなら良いというものでも無いらしい。2000円程度のサウンドカードでも実装されているものもあるし1万円以上のサウンドカードでも実装されていなかったりするらしい。コレに関しては調べて買うしかないだろう。たまたま今回は運が悪かったということで納得した

・適当な光出力端子を持っている機材に入力してそこから出力させる
 実はコレには今まで思い至らなかった。ヒントはネットにあったのだが、とある人がMacをA/Dコンバーターとして利用してこの問題を解決したらしい。そのときは「ははー、なるほどねー。でもマック持ってないし」と深く考えていなかったのだが、いやまて別にMacじゃ無くても要はアナログ入力端子と光出力端子があってそれがA/Dコンバーターとして機能すれば問題は無いわけだ。……あるじゃないか、我が家には東芝のアナログHDD&DVDレコーダーのRD-XS53が!

【解決編】
・3波デジタルチューナーからアナログ赤白ケーブルをRD-X53の入力端子に繋ぐ(RD-XS53には入力端子はline1〜3まであるのでお好みで)
・デジタルチューナーのD端子出力ケーブルは、そのままPV4に繋ぐ
・光ケーブルはRD-XS53のビットストリーム/PCM端子(S/PDIF)から出力させてPV4の光入力端子に接続する
RD-XS53の設定画面から音声出力はPCMに設定する(ここ重要!)
・RD-XS53のアナログ入力端子に接続したline番号にチャンネルを切替えてPV4側で音声が出力されれば成功

 ああ、なんでこんな簡単なことを今まで思いつかなかったのだろう。やはり年をとると柔軟な思考が出来なくなって来るのだなぁと今回は改めて痛感した
 視聴の際は言うに及ばず録画に際してもRD-XS53に関してはたんなる光コンバーター扱いになっているので、音声出力のためだけに電源を入れることになるが、予約録画の際にはRD-XS53の予約録画機能を利用してそのときだけ電源を入れる設定にすれば電気代の節約にもなるので問題は無いだろう。当然チューナーに関しても予約録画設定をすれば時間が来れば電源が入るし終われば勝手に電源は落ちる。またPCに関してもPV4のタイマー予約機能でPCは休止状態から時間が来れば勝手に起動するし録画が終われば自動的に休止状態へと移行するので、これまた問題は無い
 ちょっと大げさな、PCを中心としたHDDレコーダーシステムだと思えばいいだろう(PT2でいいじゃん、という台詞は禁止。あえて追加投資をしないという方針で今回は事を進めたので)

 録画・視聴に関しては若干操作に手間がかかるが、ロハで実現出来たという事実の前には多少の手間暇は惜しむべきではないだろう

【総括】
 PT1,PT2があればこんな苦労をすることなどないのだが、今回はあえてロハでやるということにこだわってみた。またあちらが単なるチューナーだとすると、こちらはキャプチャーも出来るという意味で、機能的に最終的な結果として似てはいるが全く違った製品なんだという点も踏まえて今回はあえてPT2に手を出すことはしなかった。手間暇を考えればPT2を買ったほうが遥かに楽なことは承知しているのだが、なんでもお金で解決することだけが芸じゃないしなーとか考えてみたりもしたし、またそんなに頻繁に録画したい番組があるわけでも無いしなーというのもあった。結局のところ録画に関してはNHKスペシャルやプレミアム8あたりで生物・自然・科学あたりの良質な番組があったら保存しておきたいというぐらいの利用用途なんだよね、って感じでこの雑文を最後まで読んでくださった皆様方の参考になっていただけたとしたならば、今更ながらにPV4の録画環境のことで四苦八苦した私としては勿怪の幸いなのである、どっとはらい


【追記】
 要は光出力の無いデジタルチューナーに対して、赤白アナログ音声→光音声出力に変換が出来ればいいというだけの話なので、アナログ時代のHDDデッキをお持ちならなら大抵の機種でこのようなことが出来るのではないだろうか?このような使い方をする層が果たしてどれだけいるのか、ここまでデジタルHDDレコーダーが普及してきた今となっては分からないが2011年まで光出力端子の無い外部デジタルチューナーのみで戦う人たちの福音となることを期待したいとかなんとか思ったりしたりしなかったり




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
PV4に光出力端子(S/PDIF)の無いデジタルチューナーを接続する方法を今更ながらに思いついた ただメモをとる人たち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる